アニマルコミュニケーション

おはなししよう
お話しよう!


アニマルコミュニケーションというのを聞かれたことはあるでしょうか。
詳しく説明をするのは難しいのですが、動物の心の声を聞く、
コミュニケーションの一つで、一般的にあるのが、コミュニケーターの方が
ペットにテレパシーで会いにいき、お話をする、聞くというもの。
動物とテレパシーでお話をする、なんてあまり一般的ではないかもしれませんが
私は目にみえないもの、科学で証明できないことも信じる人間なので
以前から興味があって、いつか豆太の心の声を聞いてみたいと
思っていました。

今日の記事はかなり長く、かなり不思議な世界なので
ご興味のあるかたのみどうぞ。たたみます。↓
右下の more » をクリック!





アニマルコミュニケーションに興味があった一方で、
自分の豆太との暮らし方に自信がないと、いざ豆太の本心に触れたとき
ショックな答えが返ってきても・・・ちょっと不安な面も。
そんな中、出会ったのが自分が直接ペットに会いにいき(潜在意識の中で)
お話をするというもの。これなら、ショックな事実が判明しても、
自分の中だけにとどめておけるからいいのかも・・・。
本当は初めてのことなので、コミュニケーターさんが
話をしにいってくれる方を体験してみたい気持ちはありましたが、ちょうど
都合が合うこともあり、Suomiさんをお誘いして体験してきました。

今回、事前に豆太には会いにいくことを話しかけておくように
コミュニケーターの方から言われていました。
豆太に聞きたいこともたくさんあったので紙にまとめてみたりもしました。
本当にお話できるのだと思うと、なんだかじーんとしてしまって
それだけで涙腺がゆるんでしまうような思いでした。

さて、いざセッションへ。今回のアニマルコミュニケーションは、
エリクソン催眠誘導というもの。誘導者が横で催眠状態へ導いてくださいます。
催眠状態というと、なにやらあやしげですが、皆さんも、何かに熱中して、
声をかけられても気がつかない、読書に熱中して電車を乗り過ごすような
ことってありますよね。その世界観に引き込まれている感覚であると事前に説明を
受けていました。


以下、セッションより一部抜粋

私の部屋に入り、私を見上げている豆太のイメージが浮かんできました。
私が話しかけたりすると、嬉しそうな表情で、しっぽをぶんぶん動かす
時と同じ表情です。

豆ちゃん、お話にきたよ。

私が強く願うと、いつもは来てくれないのにおひざにきてくれました。

普段、だっこさせてくれないのはどうして?
  お顔を拭かれるイメージが浮かんできました。
  おひざにのると足元がぐらぐらするイメージ、お互いの体温が伝わるイメージ
  ・・・暑いから??

豆ちゃんが、ゴロゴロ言っているときに、スキスキ~ってすると
すぐにどこかへ行ってしまうのは、どうして?
  命の長さが人間と猫は違うから。あんまりmameaiちゃんが、豆に
  依存しすぎると、お別れの時悲しませてしまうから。
  ここのパートでは、勝手にコトバがあふれてくる感じでした。
  涙があふれて、悲しくて仕方なかった。でも、一部で意識ははっきり
  しているので、誘導者の方がティッシュを差し出して下さり、それで
  涙をぬぐうということもしていました。


誘導者:豆ちゃんでもね、短い時間だからこそ、もっと心を通じ合わせたいんだよ
だからこそ一緒の時間を濃く過ごしたいんだよ

ここの部分が通じたかどうかはわかりませんでした。

シャンプーについてどう思う?
  シャワーのお湯が、上から降ってくるイメージ
  体が水にぬれて、ずんと重くなるイメージ
  豆太が動いたときに、うっかり顔にかけてしまったことがあるので
  それがこわかったのでしょうか。
  体がぬれることが本能的に嫌なのかもしれません。


手作りごはんについて
  においがしない。ペロペロしても口の中に入ってこない。
  食べ方がわからないのかもしれません。

吐きそうになったとき、ごっくんと飲み込んでいるけど
吐いてもいいんだよ。吐いたほうがすっきりするよ
  口のなかが気持ちわるいイメージ
  豆太はいままで毛玉を吐いたことがなく、として
  排泄できていればいいのですが、病院で聞いてみても
  特に問題はなかったものの気になっていました。
  吐き方がわからないのかもとも思いましたが、
  ゲボっていってもそのままごっくんと飲み込んでいるようでした。


セッションの一部ここまで

セッション後の変化

シャンプー中におひざにのってきてくれました。

ゴロゴロ中にスキスキ~とすると、いつもより長く
スキスキさせてくれます。それでもやっぱり
私が想いを強くすると、すっといってしまいます。
ある程度、距離は保ったほうがいいのかもしれませんね。

セッションの翌日、初めて毛玉を吐きました!
あんなにたくさんたまっていたとは・・・
思いが通じたことを一番実感できた出来事でした。

正直、今回のセッションはスムーズに進みすぎて
また浮かんでくるイメージも普段から感じていることが
中心で、私が私自身の考えを話しているだけなのかもしれないと
思うところがありました。でも、後日誘導者の方とメールを通じてお伺いをしていると
日常的に私たちは動物たちからメッセージを受け取っていて
それに気づいてないだけなので、大丈夫ですよ、とのこと。

たとえば、豆太がおなかを出して、ゴロゴロ行っているところに
私が豆太のおなかに目を閉じて顔をうずめてゴロゴロを聞いていると
兄弟猫に挟まれながら、母猫のおっぱいをモミモミしながら
吸っているイメージの中に入っていったりすることがよくあるので、
それと同じだなーと思ったんです。 普段でもこういったことは
よくあるのですが、普通のことと思っていました。
皆さんもこういったこと体験されたことはありませんか?
誘導者の方によると、上記のようなイメージに入っていくのは
想い出の共有だということでした。
(豆太は、哺乳してもらって育ててもらっているはずなのですが、
そういう想い出も持っているということでしょうか;)

やっぱり、想いはつたわるんだなぁ。
もっともっと想いを伝えていきたいな。
アニマルコミュニケーション、ますます気になる世界です!

***************************
長文におつきあい頂いて、ありがとうございました。
クリックありがとうございます♪↓
人気ブログランキングへbanner+2_convert_20090106231458.jpg

7 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)