お目目療養記<3つ目の病院編>

前回の記事はこちら→(前編)(中編)(中編2

片道1時間の隣の市にある病院で診てもらうと
「これは治りますよ」とあっさり。
「え?!手術は必要ないんですか?!」
「猫と犬の目は違うんですよ。犬の場合は前の病院でしていた
治療でいいけれども、種類が違うと治療法も異なるのでね。
僕は勉強したので」との回答・・・

2つ目の病院では、点眼をすると、角膜の表面が再生してくるのですが、
豆太の場合、再生しても、角膜はつるつるしているので
きちんと定着せず表面だけが再生している状態。
綿棒でこするとすぐに剥がれてしまうので、
「難治性の角膜潰瘍」という診断結果が出ていました。
そのため、病院へ行くたびに再生した表面の膜を綿棒で削って
再度点眼治療に入るの繰り返し。

そのことをお話すると、
「角膜潰瘍ではなくて、角膜びらんですね。デブリーメント(綿棒で
角膜の表面を削る)は猫にはしてはいけないのでしません。
目薬出しておくのでそれで様子を見て下さい」
「え、血液も採らなくていいんですか?」
なんと、血液をとる必要もなく、独自に配合した目薬があるとのこと・・・

大きな安堵の後、またまたここで後悔と自責・・・
あんな痛い思いをさせて頑張ってもらって血を採っていたのは
何だったのか・・・しかも、膜が再生するたびにそれを
剥がしてしまって・・・(目薬タイプの麻酔はしていました)

前の病院でも先生方は精一杯して下さったし、
後悔しても仕方ありませんが、病院選びと自分の決断、主張は
大切だなと思いました。

かかりつけにしていた病院も、自分で情報を集めて利用していました。
近所のお店でキャットフードを選んでいる
人に、動物病院はどこを利用しているのか話しかけて聞いたり、
猫をたくさん飼っているメガネさんに飛び込んで、メガネの
修理をお願いして、動物病院の情報を仕入れたり・・・
そしてみつけて、利用して納得して、先生や看護婦さんの人柄に惹かれて。
そんな病院なので、私がもっと
「目に傷があるかもしれないので、目の傷の検査をして
ください」とお願いしていれば、最初の段階で適切な治療ができた
かもしれません。だからその病院を責めるつもりはありません。

今回のことで学んだことは、
・気になることは、はっきりと主張する。
・治療の効果が見られないときは、すぐに他の病院でも診てもらう。
ということ。

実は、3つめの病院でも治療を始めて約1ヶ月たちます。
手術しなくてもいいとわかっただけでももうけものですが
やはり目指すは完治。
今までは悪化していたのが、一応良くはなっているようなので
このまま様子を見たほうがいいのか。
猫専門病院を探し始めているので、そこで診てもらおうか・・・
また決断の時が来ています。
ねんね

***************************
※今は通常の点眼で気長に治療していますので、ご心配なく・・・

ブログ再開です♪
クリックありがとうございます♪↓
人気ブログランキングへbanner+2_convert_20090106231458.jpg

4 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)